ロードオブザリング力の指輪原作の最終回結末ネタバレ!

ロードオブザリング力の指輪原作の最終回結末ネタバレ! ドラマ
Pocket

今回は、「ロードオブザリング力の指輪」の原作の最終回についてまとめていきたいと思います。

現在、非常に盛り上がっているロードオブザリング力の指輪ですが、

  • 原作の最終回のあらすじは?
  • 原作の最終回の結末は?
  • ドラマとの違いは?

など最終回がどうなっているのか気になっている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は「ロードオブザリング力の指輪原作の最終回結末ネタバレ!」としてお送りしていきたいと思います。

ロードオブザリング力の指輪を見ていて原作の最終回の結末のネタバレを知りたいとい思っている人はこちらの記事を参考にして見て下さいね。

それでは、原作の最終回のネタバレに参りましょう

 

ロードオブザリング力の指輪原作のあらすじ

ロードオブザリング力の指輪の原作は、ジョン・ロナルド・ロウエル・トールキンの「指輪物語」と「ホビットの冒険」という作品が原型となっています。

今回のロードオブザリング力の指輪の舞台になっている時代は「第2紀」というものになり、指輪物語3部シリーズの第1部「旅の仲間」がと同じ舞台となっています。

ちなみに第2紀は、指輪物語の中で登場するホビットが活躍する時代の3000年以上も前のことになります。

今回のドラマでは、その3000年も前の時代第2紀をクローズアップした話となっており、原作をしっかりと捉えながらもオリジナルのストーリーで作成されたドラマとなっています。

 

ロードオブザリング力の指輪原作の最終回あらすじ

この第2紀というのは、ガンダルフやその他の仲間たちが語っていた言葉の中に存在した世界という設定なので原作の中ではあまり詳しくは書かれていない物となります。

また、指輪物語の「追補編」という物語の内容と描写も掛け合わされてたものが第2紀というものになります。

つまり今回のロードオブザリング力の指輪というものは完全オリジナルの作品ということになります。

所々は原作に沿った話の部分もあると思いますが、大体は今回特別に作られたものとなっています。

ほとんどのキャラクターが原作には出てこないオリジナルのキャラばかりが登場していることからも、全くの別物なんだなというのがわかりますよね。

原作を基にしながらもほとんどが独自の脚本になっているので、ストーリーの展開も所々変わってきそうで楽しみですよね!

それでは、原作でわかっている範囲で最終回がどんな結末になっていくのかについてまとめていきたいと思います。

 

ロードオブザリング力の指輪原作の最終回結末のネタバレ!

ロードオブザリング力の指輪原作の最終回結末のネタバレとしては、

  1. サウロンが中つ国を支配
  2. ヌーメノール王国の戦い
  3. エルフとヌーメノール連合VSサウロン

の流れで物語が終了していきます。

それでは、順序を追って原作の最終回結末のネタバレについて詳しくまとめていきたいと思います。

 

ロードオブザリング力の指輪原作の最終回結末のネタバレ①:サウロンが中つ国を支配

ロードオブザリング力の指輪原作の最終回結末のネタバレ1つ目は、「サウロンが中つ国を支配」です。

原作だと、サウロンは工芸の神アウレに従い工芸を身につけていきます。

その後、冥王モルゴスに従いモルゴスからの信頼と信用を勝ち取り冥王となります。

冥王となったサウロンは、闇の支配者となっていきます。

エルフには力の指輪を作らせて、指輪を保持しながら力で中つ国を支配するようになります。

ドラマの中では、南方国を力で支配していく感じになるのではないでしょうか。

 

ロードオブザリング力の指輪原作の最終回結末のネタバレ②:ヌメーノール王国との戦い

ロードオブザリング力の指輪原作の最終回結末のネタバレ2つ目は、「ヌメーノール王国との戦い」です。

原作だとヌーメノール王国には、人間の中でも知能(IQ)の高い人間が住んでいるという設定になっています。

サウロンは優秀なヌーメノールを脅威に感じ指輪を着けエルフの姿を装ってヌーメノール王国に侵入します。

そしてヌーメノール王国をを滅ぼそうと計画します。

口がうまいサウロンは徐々にヌーメノール王と接触ができるような役職まで駆け上がり王様の相談役というポジションを確立します。

第2紀3319年には、神ヴァラールの怒りを買い島全てを海に沈ませることとなります。

サウロンは、第2紀3441年に指輪を奪われるので、約122年間の間にサウロンから指輪を奪う戦争が行われるということになります。

 

ロードオブザリング力の指輪原作の最終回結末のネタバレ③:エルフとヌメーノール連合VSサウロン

ロードオブザリング力の指輪原作の最終回結末のネタバレ3つ目は、「エルフとヌーメノール連合VSサウロン」です。

ヌーメノール王国を滅ぼされた人間たちはエルフと同盟を組み、サウロンを倒す戦いを開始します。

この戦いでのメインキャラはヌーメノールの人間種族で船長のエレンディルと、エルフ族の上級王ギル・ガラドが隊を率いて戦争を行います。。

戦いの結果として、第2紀3441年にサウロンに勝利し第1の指輪を奪うこととなります。

指輪を奪うキャラクターは、船長エレンディルの息子であるイシルドゥルです。

この戦争については、映画ロードオブザリングの中で回想記として描写されています。

 

ロードオブザリング力の指輪原作の最終回結末とドラマは違う?

ロードオブザリング力の指輪のストーリーの内容が大体理解できましたよね。

そこで、原作の最終回の結末とドラマの最終回の結末がどう違ってくるのかについてまとめていきたいと思います。

原作の指輪物語は、サウロンから1つの指輪を奪うというのが目的の物語です。

なので、ドラマの結末も原作と同じになると思います。

全部で5シリーズ目まで製作が決定しているということから、かなり長いドラマとなります。

ということで、話は紆余曲折するかと思いますが、最終的な着地は同じになってくるのかなと思います。

個人的にはどうやって戦いに勝利していくのかが非常に楽しみです。

 

まとめ

今回は「ロードオブザリング力の指輪原作の最終回結末ネタバレ!」としてお送りしてきましが、いかがでしたでしょうか。

ロードオブザリング力の指輪原作の最終回のネタバレとしては、

  1. サウロンが中つ国を支配
  2. ヌーメノール王国の戦い
  3. エルフとヌーメノール連合VSサウロン

大きくこの3つの出来事が流れとしておきていきます。

最終的にはサウロンに勝利するのですが、ドラマでも同じ感じに結末を迎えていくのかが非常に楽しみです。

ドラマならではの結末でもよさそうですよね。

ロードオブザリング原作の最終回の結末について知りたかったという人のお力のになっていれば幸いです。

最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました