マイクラスイッチ初心者でベッドが作れない?作り方をご紹介

マイクラスイッチ初心者でベッドが作れない?作り方をご紹介 ゲーム
Pocket

今回は、スイッチのマイクラについてまとめていきたいと思います。

マイクラ初心者の人でベッドの作り方がわからないという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は「マイクラスイッチ初心者でベッドが作れない?作り方をご紹介」としてお送りしていきたいと思います。

マイクラ初心者の人で苦戦している人や作り方について知りたいと思っている人はこちらの記事を参考にしてみて下さいね!

それでは紹介に参りましょう。

 

ベッドとは?

ベッドとは、とリスポーンする場所を上書きすることのできるアイテムのことです。

要するにセーブと同じ感じです。(リスポーンとは死亡して復活すること)

素材集めなどで危険な場所に出かけるときは、ゲームオーバーしても元の場所に戻れるようにベッドを持参したいですよね。

またベッドを夜の間に使用することで朝までスキップするという効果も持っています。

夜はモンスターがうろついて危険ですし、やられないようにするためにもベッドを使って朝まで時間をスキップさせることはとても重要です。

 

マイクラスイッチ初心者でベッドが作れない?

スイッチのマイクラ初心者の人でなかなかベッドを作れないと困っている人がいるようです。

ベッドが作れない理由としては、

  • 羊と全く出会えない
  • 作り方を知らない

という2つの理由の人が多いようです。

マイクラの中でベッドは非常に重要なものなので、これから作り方について詳しくまとめていきたいと思います。

 

マイクラスイッチ初心者でも作れるベッドの作り方は?

スイッチのマイクラ初心者の人でも作れるようにベッドの作り方についての手順をご紹介したいと思います。

  1. 羊を見つける
  2. 木材を集める
  3. クラフトする

以上の3つだけです。

それでは、この3つの手順について詳しくまとめていきたいと思います。

 

マイクラスイッチ初心者でも作れるベッドの作り方①:羊を見つける

スイッチのマイクラ初心者の人でも作れるベッドの作り方の手順1つ目は、「羊を見つける」です。

当たり前のことですが、まず羊を見つけないことには話になりません。

マイクラのシステムとして、動物は自分のいるブロックかた24ブロック内には出現しないようになっています。

そのため、自分のいる場所から離れた場所で羊を探さないといけません。

そして羊を見つける方法として、まずは草原やサバンナなどの草の生えた地帯で羊を探して下さいね。

なので、見つけ方としては自分のいる地点から離れている草が生えている地点に向かって羊を見つけに行ってみて下さいね。

 

マイクラスイッチ初心者でも作れるベッドの作り方②:木材を集める

スイッチのマイクラ初心者の人でも作れるベッドの作り方の手順2つ目は、「木材を集める」です。

マイクラでベッドをクラフトするには羊毛に合わせて木材も必要になってきます。

なので、その辺に生えている木材を3つ集めるようにしましょう。

木材に関しては簡単に手に入るので羊毛を集めた後に集めるので構いません。

 

マイクラスイッチ初心者でも作れるベッドの作り方③:クラフトする

スイッチのマイクラ初心者の人でも作れるベッドの作り方の手順3つ目は、「クラフトする」です。

羊毛と木材を集めることができれば、あとはそれらをクラフトするだけです。

ベッドの作り方としては、

  • 羊毛×3、木材×3

を組み合わせることで完成します。

クラフトするのは簡単なのですが、それまでの羊毛を集めるのが一番大変なので見つけられるように頑張ってみて下さいね。

 

まとめ

今回は「マイクラスイッチ初心者でベッドが作れない?作り方をご紹介」としてお送りしてきましたがいかがでしたでしょうか。

スイッチのマイクラ初心者の人でベッドが作れない人に共通している理由は、

  • 羊と全く出会えない
  • 作り方を知らない

だったようです。

1つ目の理由を解消するためには、まず草原やサバンナなどの草の生えた地帯で羊を探してみて下さい。

羊は草の生えた草原ににいることが多いのでまずは草の生えている平地で隈無く探してみて下さいね。

そして2つ目の理由の作り方は、

  1. 羊を見つける
  2. 木材を集める
  3. クラフトする

の手順で行けばベッドを作ることができますので参考にしてみ下さいね。

羊毛と木材を3つずつ集められればすぐにベッドはできますので、とにかく羊を探しまくってみて下さい。

スイッチのマイクラ初心者の人でベッドの作り方がわからないという人のお力になっていれば幸いです。

こちらの記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました