ちむどんどんモデルとなったレストランの場所は?フォンターナの意味と由来は?

ちむどんどんでモデルとなったレストランの場所は?アッラフォンターナの意味と由来は? ドラマ
Pocket

今回は朝ドラ「ちむどんどん」で登場しているレストランのアッラ・フォンターナについてまとめていきたいと思います。

主人公の比嘉暢子が料理人になるために上京した際に勤めたレストランがアッラ・フォンターナですが、朝ドラを見ていて

  • モデルとなったレストランはあるの?
  • 場所はどこ?
  • 意味は?
  • 由来は?

など疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は「ちむどんどんモデルとなったレストランの場所は?フォンターナの意味と由来は?」としてお送りしていきたいと思います。

朝ドラを見ていて気になっていたという人はこちらの記事を参考にしてみて下さいね。

それでは紹介に参りましょう。

 

ちむどんどんでモデルとなったレストランの場所は?

朝ドラ「ちむどんどん」で登場したフォンターナという店のモデルとなったレストランの場所を調査しましたが、わかりませんでした。

主人公の比嘉暢子が上京して働いている舞台となっている東京の銀座に存在しているのか調査しましたが、情報は何もありませんでした。

もしかすると朝ドラの時代設定されている当時の銀座にはレストランの場所が存在していたのかもしれませんよね。

本当にモデルになったレストランがあるのであれば行ってみたいですよね。

また何か情報が入りましたら記事を更新させていただきます。

 

ちむどんどんモデルレストランのフォンターナの意味は?

朝ドラ「ちむどんどん」で登場しているレストラン「フォンターナ」という店の意味はイタリア語で、

  • 「噴水」や「泉」

という意味を表しています。

アッラとはイタリア語で「Alla」と表記され冠詞の意味を持っているそうです。

日本語としての意味は、「〜で」という感じで表されるようです。

一方のファンターナがイタリア語で「Fontana」と表記され意味は「噴水」や「泉」をという意味を持っているようです。

なので「アッラ・フォンターナ」の意味としては泉のレストランといった感じの意味を持っているのではないかと思われます。

イタリアの言葉から店名を名づけたというのがいかにもオシャレでかっこいいですよね!

 

ちむどんどんモデルレストランのフォンターナの由来は?

朝ドラ「ちむどんどん」で登場しているフォンターナというレストランの由来は、

  • ニーチェの言葉

のようです。

ニーチェの言葉に「汝の立つ処深く掘れ、そこに必ず泉あり」という言葉があるようです。

そこから、フォンターナというレストランの店名にしたと朝ドラの中でオーナーの房子さんが言っています。

まさかニーチェの言葉が由来となっているというのは誰もわからないですし、意外でしたよね。

オーナーの房子さんから店名の由来を聞いた暢子の表情がとても良かったですよね。

 

ニーチェの言葉が琉歌になっている?

際ほど紹介したニーチェの言葉「汝の立つ所を深く掘れ、そこには泉あり」から沖縄県の琉歌が作られたようです。

沖縄県の琉歌を作詞した伊波普猷(いはふゆう)さんがニーチェのこの言葉を好みそこからヒントを得て琉歌の作詞をされたようです。

伊波普猷(いはふゆう)さんが作詞した琉歌が

  • 「深く掘れ、己の胸中の泉 余所たよて水や汲まぬごとに」

ということでほぼ同じというかそっくりな歌ですよね。

朝ドラちむどんどんに登場する店舗のだけでなく沖縄県の琉歌という伏線も回収されているということで、かなりすごいですよね。

 

まとめ

今回は「ちむどんどんモデルとなったレストランの場所は?フォンターナの意味と由来は?」としてお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

朝ドラ「ちむどんどん」で登場しているアッラ・フォンターナというレストランのモデルとなった店の場所は存在していませんでした。

東京の銀座という情報が出ていますが、銀座にイタリアンレストランで朝ドラに関係してそうな店はありませんでした。

また、新しい情報が入ってきましたら、記事を更新させていただきますのでもう少々お待ちくださいね。

また、アッラ・フォンターナの店名の意味としては「噴水」や「泉」を意味しているそうです。

そしてこのアッラ・フォンターナというイタリアンレストランの由来は、ニーチェの言葉から来ているようです。

その言葉は、「汝の立つ所を深く掘れ、そこには泉あり」という言葉のようです。

自分を信じて挑戦していけば、良いという意味が込められている言葉のようでとても深い言葉ですよね!

またこちらのニーチェの言葉から沖縄県の琉歌が作詞されているそうです。

沖縄県の琉歌を作詞した伊波普猷(いはふゆう)さんが作詞した琉歌が

  • 「深く掘れ、己の胸中の泉 余所たよて水や汲まぬごとに」

という歌になっているということでかなり影響を受けているというのがわかりますよね!

今回は、最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました