コムドットって何の視聴率は?つまらないし感想も評価もひどい?

コムドットって何つまらない?評価や視聴率も紹介 コムドット
Pocket

今回はコムドットの冠番組の「コムドットって何?」についてまとめていきたいと思います。

コムドットの初冠番組がフジテレビで始まりましたが、

  • つまらないの?
  • 評価は?
  • 視聴率は?

など気になっているという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は「コムドットって何の視聴率は?つまらないし感想も評価もひどい?」としてお送りしていきたいと思います。

コムドットって何がどんな評価をされているのか視聴率はどれくらいなのかなど気になっていたという人はこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

それでは、紹介に参りましょう。

\予約の締切間近!/

 

コムドットって何の視聴率は?

コムドットの冠番組「コムドットって何?」の視聴率は

  • 第1回:3.2%
  • 第2回:不明
  • 第3回:不明
  • 第4回:不明
  • 第5回:不明
  • 第6回:不明

となっているようです。

まだわかっていない視聴率についてはわかり次第記事を更新させていただきますので、もう少々お待ちくださいね。

 

\残りあとわずか!/

 

コムドットって何つまらない?

コムドットの初冠番組「コムドットって何」についてつまらないのかどうなのか調査したところ、つまらないと言っている人はあまり多くないということが判明しました。

コムドットって何を見た人の感想としては、

YouTubeを見ているのと同じて面白かった!

普段通りの感じがテレビで見れたし、すごい面白かった!

というコメントが多いように思いました。

ですが、一方で「つまらない」や「面白くない」とコメントしている人もいるようですが、アンチの方がコメントしているだけなのかなという印象です。

コムドットに対して良いように思っていない人やあまり好きじゃない人からすると、つまらないと言おう感想を持ってしまったのかなと思います。

 

コムドットって何の評価や感想は?

「コムドットって何?」の評価について調査しましたが、評価と感想は共に良いようです。

評価と感想が良かった理由としては、

  • TVerでランキング1位にランクインした
  • 放送後多くのメディアに取り上げれている

の2つによって評価が良いようです。

それでは、評価と感想がよかった理由について詳しくまとめていきたいと思います。

\予約の締切間近!/

 

コムドットって何の評価と感想が良い理由①:TVerでランキング1位

「コムドットって何?」評価と感想が良い理由1つ目は、TVerでランキング1位を獲得したことです。

テレビでは毎日いろんな番組が放送されていますが、TVerでランキング1位を獲得するとこは極めて難しいと言われているようです。

ですが、コムドットの冠番組が放送後いきなり1位になったということで番組の評価が良くなったようです。

今回の反響を受けてもしかするとコムドットって何が全国区で放送がされるようになるかもしれないですよね!

 

コムドットって何の評価と感想が良い理由②:放送後多くのメディアに取り上げられている

「コムドットって何?」評価と感想が良い理由2つ目は、放送後多くのメディアに取り上げられているです。

これまでにも多くの番組がメディアに取り上げられてきましが、コムドットの番組に関してはその倍以上メディアで取り上げられているようです。

YouTuberが冠番組をやるということで取り上げていることは間違いないと思いますが、TVerでランキング1位になったりしていることで注目度が段違いなんだそうです。

 

まとめ

今回は、「コムドットって何の視聴率は?つまらないし感想も評価もひどい?」としてお送りしていきましたが、いかがでしたでしょうか。

コムドットの初冠番組「コムドットって何?」をつまらないという感想を思っている人は少ないというのが調査した結果判明しました。

つまらないと言っているのは一部のアンチの人が多いという感じで、ファンの人からすると普段通りの編集の感じで放送されていて面白かったという感想の人が多いです。

また、コムドットって何の評価についてですが、非常に良いようです。

評価が良い理由としては、

  • TVerでランキング1位にランクインした
  • 放送後多くのメディアに取り上げれている

この2つが大きな要因になっているようです。

コムドットって何の評価がこれからも上がれば、そのうちゴールデンでコムドットの番組が放送となりそうですよね。

そして、コムドットって何の視聴率についてですが、視聴率はおいおいわかってくると思いますので、わかり次第記事を更新させていただきます。

今回は最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました