マイクラスイッチfillコマンドで整地を一瞬でできる方法をご紹介

マイクラスイッチfillコマンドで整地を一瞬でできる方法をご紹介 ゲーム
Pocket

今回はスイッチ版マイクラのコマンドについてまとめていきたいと思います。

マイクラをプレイしていて、

  • 整地が面倒くさい
  • 一瞬で整地ができればいいのに

などの不満を持っているかもいるのではないでしょうか。

そこで今回は「マイクラスイッチfillコマンドで整地を一瞬でできる方法をご紹介」としてお送りしていきたいと思います。

マイクラで遊んでいてfillコマンドの使い方がわからない人や整地をすぐに終わらせたいという人はこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

それでは、コマンドの使い方をご紹介していきたいと思います。

 

マイクラスイッチfillコマンドとは何?

まず初めにfillコマンドが何なのかというご説明をしていきたいと思います。

簡単に言うと、

  • 自分の指定した範囲内にブロックを敷き詰めることのできるコマンド

のことをfillコマンドと言います。

つまり敷き詰めるブロックを空気ブロックにするとあたり一面のブロックがなくなって一瞬で整地ができてしまうということなんです。

それでは、fillコマンドの使い方についてこれから説明していきたいと思います。

 

マイクラスイッチfillコマンドで整地する使い方は?

スイッチのマイクラでfillコマンドの使い方と整地する方法をご紹介していきます。

  1. チャット画面を開く
  2. 自分が整地したい範囲の座標を覚える
  3. チャットにコマンド「/fill ○ ○ ○ ○ ○ ○ air」を打ち込む(丸には数字を打ち込みます)

以上の3つのステップを踏むことで、あたりを一瞬で整地することができます。

それでは、ステップごとに詳しくまとめていきたいと思います。

 

マイクラスイッチfillコマンドで整地する使い方①:チャット画面を開く

スイッチのマイクラでfillコマンドを使い整地する方法の手順1つ目は、「チャット画面を開く」ということです。

チャット画面を開くのは簡単で、

  • 右のコントローラーの+ボタンを押す。

です。

+ボタンを押すことでチャット画面が開きますので、まず初めの手順としてチャット画面を開きましょう。

 

マイクラスイッチfillコマンドで整地する使い方②:整地する座標を覚える

スイッチのマイクラでfillコマンドを使い整地する方法の手順2つ目は、「整地する座標を覚える」ということです。

どういうことかというとマイクラをプレイしていると、地面の土ブロックにカーソルを合わせると、左上に

  • 位置:○,○,○

と数字が表示されると思います。

その3つの数字を座標というので、それをメモか何かして覚えてください。

そして、整地するためには1つ目に決めた座標の対角にある座標も覚えないといけません。

なので、1つ目の座標を覚えたら次に対角線状にある場所の座標もメモか何かして覚えてくださいね。

 

マイクラスイッチfillコマンドで整地する使い方③:fillコマンドを打ち込む

スイッチのマイクラでfillコマンドを使い整地する方法の手順2つ目は、「チャットにコマンドを打ち込む」ということです。

チャットに打ち込むコマンドは、

  • 「/fill ○ ○ ○ ○ ○ ○ air」

です。

現在は丸を6個入れでいますが、その丸の部分に先ほど覚えた座標を入れていきます。

前半の3個の丸に最初覚えた座標の打ち込み、後半の3個の丸には最後に覚えた座標を打ち込みます。

そうすると、自分が決めた範囲のブロックがなくなり整地が完了となります。

整地に困っていたという人はこちらのfillコマンドを参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

マイクラスイッチfillコマンド以外で整地する方法は?

スイッチのマイクラでfillコマンド以外で整地する方法として、

  • コマンドブロック

というものがあります。

コマンドブロックでの整地の手順としては、

  1. 「/give @s command_block」というコマンドをチャット画面に打ち込む
  2. コマンドブロックを地面に埋め込む
  3. コマンドブロックの設定をしてレバーを取り付ける
  4. 整地が終了したらレバーを元に戻す

以上の4つのステップで整地が完了となります。

 

マイクラスイッチでコマンドブロックで整地する方法①:コマンドを打ち込む

先ほどご説明したfillコマンドと同じようにチャット画面にコマンドを打ち込んでいきます。

打ち込むコマンドは、

  • /give @s command_block

です。

これを打ち込むことでコマンドブロックが手に入ります。

 

マイクラスイッチでコマンドブロックで整地する方法②:コマンドブロックを地面に埋め込む

コマンドブロックが手に入ったら次にそのコマンドブロックを整地したい土地で一番低い地面の1マス下に置きます。

平地にしようとする土地の一番低いとこにコマンドブロックを置きがちですが、それだと整地できません。

なので、一番低い地点でブロックを掘ってそこにコマンドブロックを設置する必要があります。

 

マイクラスイッチでコマンドブロックで整地する方法③:コマンドブロックの設定をしてレバーを取り付ける

そして3つ目の手順として「コマンドブロックの設定をしてレバーを取り付ける」という作業を行なっていきます。

まず、コマンドブロックの設定画面を開き

  • 「/execute @p ~ ~ ~ /fill ~-32 ~ ~-32 ~31 ~7 ~31 air」

というコマンドを入力します。

また、そのほかの設定として、

  • 「反復」
  • 「レッドストーンが必要」

という設定も付け加える必要があります。

これら3つの設定が完了しましたら、レバーを取り付けてスイッチをオンにすれば整地が開始されていきます。

 

マイクラスイッチでコマンドブロックで整地する方法④:整地終了後レバーを元に戻す

最後の手順として、整地が終了したらコマンドブロックのレバーのスイッチをオフにして整地完了となります。

コマンドブロックは少し作業が複雑なのでマイクラに慣れてきたら挑戦してみる感じでいいかと思います。

 

まとめ

今回は、「マイクラスイッチfillコマンドで整地を一瞬でできる方法をご紹介」としてお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

まず初めにfillコマンドというのは、自分が指定した範囲に一瞬でブロックを敷き詰めることができるコマンドのことです。

コマンドの手順としては、

  1. チャット画面を開く
  2. 自分が整地したい範囲の座標を覚える
  3. チャットにコマンド「/fill ○ ○ ○ ○ ○ ○ air」を打ち込む(丸には数字を打ち込みます)

の3つになりますので、整地する際は挑戦してみてくださいね。

最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました